春の送料無料・キャンペーン実施中!

  • 2016.07.22

【施工事例】自分で無垢フローリングをつくる。

diy_tatami_floor12 梅雨がまだ明けない先週、ユカハリ・フローリング ジカバリ(すぎ/ひのき どちらも無塗装)でDIYしたお部屋(2部屋)を見学させてもらいました!この部屋は今年の5月にユカハリ・フローリング ジカバリでDIYしたものです。   必要なもの ・ユカハリ・フローリング ジカバリ(1箱あたり約1畳分=1.62㎡) ・のこぎり ・蜜蝋ワックス+カースポンジ・・・6畳分だと100㎖で塗れます ・必要であれば紙やすり(#180程度)・・・のこぎりでカットしてバリが出た場合に使います   ユカハリをする前のお部屋はたたみ6畳のお部屋。 diy_tatami_floor1   今回、壁ぎわのカットには、電動のこぎりを使って。 diy_tatami_floor131部屋(6畳)当たりの所要時間は、電動のこぎりを使ったので、数人で3時間程度。工具もコツをつかめば早くなりますが、使用する際には十分に気を付けてくださいね。 ユカハリをした後は、汚れ防止と保湿のためのミツロウワックスを塗っていきました。 diy_tatami_floor14 ひのきのお部屋はひのきの香りが部屋いっぱいに広がり、ユカハリDIYに参加された方からは「とってもいい香り!」と大評判をいただきました。その後、家具も配置され、明るくかわいいお部屋になっていました!床のフカフカ感は感じられず、梅雨時期の無垢の膨張による浮きもありません。 diy_tatami_floor11 すぎのお部屋も家具が置かれ、打ち合わせができるスペースに。diy_tatami_floor10 以上、ユカハリ施工事例のその後でした。梅雨時期の、無垢の膨張による浮き(壁ぎわにすき間が無い場合、置かれる環境によって発生する場合があります)は無く、ホッとして帰ってきました。   ユカハリ・フローリング ジカバリ(直貼り)はこんな商品。長さが短めのフローリングなので、女性でも簡単に扱うことが出来ます。 ・長さ90cm×幅10cm ・厚さはゴムシートを含めて1.35cm ・裏面は遮音のゴムシート zikabari-sugi4    
森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「みんなの材木屋」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。