• 2016.05.12

【DIY】六畳間・和室の畳を剥がして30mm杉フローリングに張り替えてみた


和室から洋室のリフォームは、憧れでありながら、なかなかハードルが高いのが現状。

改装して今よりもっと和室を生かしたいと思う一方で、疑問や不安が目の前で立ちはだかってしまい、いっこうに重い腰はあがりません。ぼく自身もそのひとりでした。


我が家には和室が2部屋あります。

八畳間はかろうじて寝室として使っているものの、六畳間はまったく活用できていません。引っ越しして1ヶ月と経たないうちに、洗濯物干し用の部屋と化してしまいました。一人暮らし男子あるあるです(笑)。


とにかくもったいない。畳を剥がして無垢のフローリングを張って、オサレなリビングとして活用したい!


僕の家は賃貸住宅なので、「和室を使っていなくてもったいないのでフローリングに張り替えていいですか?費用は自分で持つのでお願いします!」と正直に大家さんに相談したところ、幸いにも改修許可をいただきました。


よっしゃ、やるなら今しかない!と、ゴールデンウィークのお休みを利用してフローリングの張り替えに挑戦することになりました。

【はだっち和室DIY計画】

  • 広さ:六畳
  • 部屋の種類:和室
  • 作業人数:2名(素人)
  • 材料:※材料名+価格
  • 使った道具:えんぴつ、定規、丸ノコ、とんかち、ボンド、インパクト、ビス、
    くぎ抜き、鉋、蜜蝋ワックス
  • 総作業時間:6時間

六畳和室を無垢フローリングの部屋へDIYするぞ!


工程は大きく分けて以下の5つです。

  1. 部屋の間取り計測
  2. 材料の拾い出し、カット
  3. 下地施工
  4. フローリング施工
  5. 塗装

1)部屋の測定


改修する部屋は一般的な六畳間。およそ11平米弱。メジャーを使って部屋の幅や奥行きを測ります。

一辺の長さを測るにしても、何度か複数箇所を測ることで、場所ごとの小さなズレを確認することを忘れずに。我が家もきちんと測ってみると最大5mmほど部屋のズレがありました。

認識しないままにフローリングを張り替えてしまうと余計な手間がかかってしまうので要注意です。


2)材料の拾い出し、カット


今回使った木材は2種類です。

ユカハリ・フローリング すぎ・30mm厚・節あり
ユカハリ・タイル(すぎ・12mm厚)をバラバラにした内のパーツの1枚。(5分の1枚)裏面のゴムも剥がしました。

30mm厚のフローリングと12mm厚のタイルパーツを2枚重ねれば、厚さは合計54mmです。


一般的な畳の厚み(一寸八分)とだいたい同じです。

このユカハリ・フローリングonユカハリ・タイル作戦ならば、畳からフローリングに張り替えた際の厚みのズレはほぼ解消できるという算段です。


フローリング すぎ 節あり 3.0cm厚
10,368円/箱(税込)

これは2種類の長さを準備します。通常の規格品は1,920mmですが、実際、部屋の奥行きは3,825mm程度だったので、2枚で部屋を横断して渡せるように1枚の長さを1,912mmにカット。


違いに床板を貼る「千鳥貼り」にするため、短い956mmも用意しています。交互に貼っていきます。


千鳥張り。

ユカハリ・タイル すぎ 無塗装(12mm厚)
10,368円/箱(税込)


こちらは、平米に合わせたタイル枚数の数え方
を参考に枚数を出しました。


3)下地施工


材料の準備が終わったところで、下地の施工に取り掛かっていきます。 まずは部屋の畳を剥がしてみることに…。

とりゃー!

畳を剥がしたあとに出てきたのはベニヤ板。表面も劣化しておらず、非常にきれいな状態でした。 何箇所か釘が頭を出していて施工時に危険だったので、とんかちで叩いて頭を隠しておきました。


ユカハリ・タイル(すぎ・12mm厚)のパーツ(長さ500mm程度の下地材を置いて長さを測り、丸ノコでカット。

下地材なのであまり神経質にならず、大まかにカットしていきました。



下地の施工はこんな感じです。インパクトドライバーを使って下地材をビスでバシバシ貼っていきます。


事前にカットしておいたユカハリ・フローリング すぎ 30mm厚・節ありの長さに合うように調整しながら施工していきます。


これで準備は万端。
次はいよいよ下地材の上からフローリングを施工していきます。


4)フローリング施工


まずは、引戸のある入口付近からフローリングを貼っていきます。雌実方向を敷居に重ねます。 端部分はビスで固定できないので下地材を増やし、木工用ボンド使って固定。


※雌実とは
縁甲板や各種フローリングの継ぎ目の一方が凹で、相手側が凸に加工されていることをいいます。一般的に雄実(凸型)と雌実(凹型)で仕口になります。


フローリングをはめ込み、あて木を当てて、とんかちでトントン、カンカン。しっかりと実(さね)同士がはまるように1枚1枚確認しながら貼っていきます。

そして、フローリング両端部の木口面を紙やすりでささっと削る。長さを測り、端にぴったりと収まるように丸ノコでカット。

ちなみにビス(釘)は65mmの長さを使用。
フローリングの厚みが分厚いことと下地材の厚みが24mmあることを考慮し、斜め下方向にビスを止めても下地下のベニヤ板まで届くような長さのものを選択しました。

フローリングに使用したすぎは性格上、白身と赤身(もしくは黒っぽいものも)と、色味のバラつきがあります。今回は白身の列、赤身の列と分けながら貼っていきました。


入口付近はよくとおる場所なので木目がきれいなものや節が少なめのものを選んだのは材木屋としてのちょっとしたこだわりです。


DIYならでは、諦めの美学集


だいぶ張り進んできましたが、写真のようにすき間が気になる箇所も出てきました。2mm程度空いてしまいました。

大工さんだったらきれいに収めてしまうのだろうけど、ここはDIY初心者のご愛嬌ということで神経質になるのはやめておきます(というか諦めました)。


端も長手方向にも2〜3ミリ程度のズレが出てしまいました。 きちんと角度を揃えてカットすればもっと目立たなくなるのでしょうが、DIYなのでこのくらいはしょうがないものとして進めていきます(また諦めました)。


いよいよ最後の幅寄せの工程までたどり着きました。


一番端に入れるフローリングは、壁との距離を測った上で、フローリングの幅を短く合わせ、雄実と雌実(一部)をカットしたものを用意しました。これを最後にパコンとはめてしまえばおしまいです。


フローリングの張り始めと同じように、ビスで止めることができないので、ここもボンドを使って下地材に直接張り付けていきます。


しっかり収まる予定が5mm以上の溝ができてしまいました。算段が甘かった…! これは暮らしてみて気になるようならば、巾木をつくって上から覆い隠そうと思います。


※巾木とは
床と壁の継ぎ目にあたる壁の最下部に取り付ける横木のこと。傷みやすい部分を保護するために設ける見切り材でもある。


5)塗装


さあ、大詰めです。仕上げの塗料は三重県尾鷲市の小川耕太郎∞百合子社の未晒し蜜ロウワックスを使いました。


蜜ロウとエゴマ油、2種類の原料からできた安心安全な自然由来の塗料です。塗装すればほんのり濡れ色になって艶が増すし、撥水効果も期待できます。


ついに完成!


畳を剥がしてから塗装を終えるまでにかかった時間はおよそ6時間!けっこう早いっすね! ゴールデンウィークに西粟倉に遊びに来ていた父にも全力コミットしてもらい、早朝7時から2人でせっせと床を張っていきました。


こちらがビフォーの写真。さあ、お次はアフター!


どうでしょうか?殺風景な六畳間の和室でしたが、床を杉の無垢フローリングに張り替えたことで、だいぶ明るい印象になりました。


DIY初心者なりに手探り状態でフローリングを張っていきましたが、父の助けもあって想像以上にしっかりとした仕上がりに。父よ、ありがとう。 30mmの杉の無垢フローリングがどれくらいの快適さをもたらせてくれるのか非常に楽しみです。暮らし続けて使い込んでいくうちに味が出るといいな。


床を張り替えてみたら、不思議なものでこの和室をもっとイジりたくなってきました。今度は図面も引いて大型のモノ、例えばベッドでもつくってみようかな。


張りたてホヤホヤのフローリングの上であぐらをかいて、DIY記念に奮発して買った、いつもよりちょっとリッチな缶ビールは、いつもよりも身体に染み渡る感じがしたのでした。


森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「みんなの材木屋」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。