春の送料無料・キャンペーン実施中!
  • 2016.08.05

自分で置くだけDIYでヘリンボーン床。 ユカハリ・タイルヘリンボーンで誰かを呼びたくなるお部屋をつくりませんか??

herringbone_diy1

「ヘリンボーン柄」という柄をご存知ですか?織物の織り方の一種で、和名は「杉綾織り」といって洋服ではネクタイやジャケットなどによく使われています。糸で構成される小さな小さな柄なので、よく見ないとわかりません。その柄を床板で再現した床が「ヘリンボーン」「ヘリングボーン」と呼ばれており、開いた魚の骨の形に似ていることから、herring(ニシン)のbone(骨)という名前が付いています。


魚ってニシンじゃなくてもアジでもホッケでも似ているのに、なんでニシンなんだろう?と、少し調べてみると中世のヨーロッパではニシンとタラが主要な魚介類だったとか。和名も杉の葉っぱに似ていることから「杉綾」だし、名前を付けた人ってよく物を観察しているなあ。


ヘリンボーン柄の床は、ヨーロッパでは職人さんが1枚1枚板を張る高級な寄木張りとして愛されてきました。ルーブル美術館(それもレオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザの絵画の前の床)やベルサイユ宮殿でも使われています。でもどうして高級な床になってしまうのでしょうか?職人さんが1枚1枚張り、ヘリンボーンの床板が壁に対して斜めであることからカットして捨てる部分が多いためです。最近ではリノベーションの事例などで、カウンター下や壁の一部をアクセントとして施工する事例がたくさん出てきています。


herringbone_diy7

ピンタレストで検索するとこんな感じ。


【ヘリンボーン柄を自分で、DIYで手に入れたい方のために】

みんなの材木屋では‘‘貼る手間はなんと通常の1/9?!9枚の板をすでにヘリンボーン柄にしたタイル’’を開発し、販売しています。タイルの種類は4種類あって、それをカッターナイフで切りながらパズルのようにお部屋に置いていくだけでヘリンボーン柄の床が完成。


準備いただくものは、この3点。

  • お部屋を測るメジャー
  • カッターナイフ
  • 床をヘリンボーン柄にする休日

herringbone_diy3

賃貸住宅のつるつるテカテカの床に、すぎのタイルを。


herringbone_diy4

図面の通りに置いていって、壁ぎわや張り終わりのところはカッターでカット。


herringbone_diy1

このお部屋は家具を入れる前なので、置くだけ2~3時間でユカハリが完了!木の木目が直交して光を反射しているのでキレイです。さすが「最も美しいユカハリ」のヘリンボーン。夏はべたべた、冬は冷た~くなっているフローリングから、無垢の気持ちいい床に変えることが出来ました。


【固定せずに置くだけだったら緩めに置くのがベスト】

無垢板から作っているユカハリ・タイルヘリンボーンは、5cm単位で床をつくれるのですが、床が例えば252cmだったら壁ぎわに2cmのすき間が出来てしまいます。でも、自分で置くor賃貸の床だったら壁ぎわの5cm未満のすき間はご容赦ください。無垢のタイルは梅雨時期に水分を吸収し膨張するので、すこし緩めに置いてあげるのがベストです。(大工さんにお願いする場合、接着剤や釘で固定しても問題の無い床なら隙間なく施工してくれます。)今回ご紹介したお部屋も左側の壁ぎわは2cmほど隙間が空いています。


【ユカハリ・タイルヘリンボーンのお届けまでの流れ】
  • お部屋の寸法を測る(タテ(cm)×ヨコ(cm)、ドア位置や窓位置がわかるとスムーズです)
  • 部屋の面積に1.2をかける。小数点を切り上げた数字が、必要なタイルの平米数です。
  • info@nishihour.jp宛てに部屋の図面を送る。→配置図、見積もりを作成しお送りいたします。
  • 見積もりを元に、必要な平米数をWEBにてご注文
  • 商品のお届け

参考図面はこちら。6畳分(団地間サイズ85cm×170cm、京間サイズ95.5cm×191cm)のユカハリ・タイルヘリンボーンです。赤・青・黄・緑で4種類のタイルを表現していて、実物のタイルには裏にシールで色分けがしています。図面の外に出ているのはカットしてでる余り、色の濃いタイルがカットが必要なタイルです。

herringbone_diy6

動画はこちら。ロイヤルアネックスの1室にユカハリしています。どんどんできていくのが素敵なので必見です。




自分で置くだけ、普通のフローリングとはちょっと違うかっこいいヘリンボーンの床が出来たら、友達を呼んで自慢したくなりますね。



森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「みんなの材木屋」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。