//最大30%OFF・秋のセール実施中//

よみもの

  • 2018.05.17

無垢材にはどんな塗料が良いの?どう塗るのが良いの?自然系塗料の大定番オスモカラーの塗装研修を実施しました

 

「無垢フローリングにはどんな塗料を塗装するのがいいんですか?」

お客さまからよくいただくご質問の一つです。

 

塗装と言っても、種類や方法はさまざまなものがあります。目的によって選ぶ種類や方法も異なります。

さらに塗料を選んだとしても、塗装方法や塗装回数が変わると、仕上がりや効果も変わってきます。

塗装する木材の樹種や表面状態によっても塗料のノリ具合が大きく異なったりと疑問や不安は尽きることがありません。

 

 

私たち西粟倉・森の学校は、スギとヒノキを中心に国産針葉樹でのモノづくりに取り組む材木屋です。

 

ワリバシ一膳から公共建築物の木材供給まで、幅広いモノづくりに取り組んでいます。主力製品はフローリングなどの内装材。

そして、個人のお客さまをはじめ、工務店やビルダー、家具メーカー、アパレルショップやお風呂屋さんに至るまで、多種多様なお客さまがいらっしゃいます。

 

取り扱う製品やお客さまが増えれば増えるほど、塗装についてのお問い合わせをいただくことが増えてきました。

自社で塗装を施してフローリングなどの製品を納品する機会も非常に増えてきています。

 

 

お客さまの塗装についての相談や要望に応えられるように知識や経験を深めよう!

ということで、ドイツ発の自然系塗料オスモカラーでお馴染みのオスモ&エーデル社のスタッフさんにお越しいただき、塗装についての研修会を実施しました。

 

 

西粟倉・森の学校にとって、オスモカラーは使い慣れている塗料です。

ユカハリ・タイルのクリア塗装品や、ウォルナット&チェリーなどのカラー塗装製品を製造販売したり、工務店さま向けに塗料をご指定いただいて塗装し納品しています。

 

 

種類ごとの成分の違い、道具ごとの塗り方のコツ、均質な品質にするための工夫、季節による乾燥時間の違いなど、実演指導も交えてみっちりと教えていただきました。

 

 

木材を納めて終わりではなく、施工後のメンテナンスや経年美化もふまえて、木の気持ちよさをきちんとお伝えできる材木屋でありたいと思ったのでした。

三重大学を卒業後、国産材専門の木材商社を経て、西粟倉村へ移住。新たな木材流通をつくるためプロユースの営業を担当。山を走り回ったり、狩猟をしたり、DIYに勤しんでいます。

個人ブログも書いてます → http://hadatomohiro.com/