よみもの

  • 2016.03.26

無垢の床に描かれた落書きを消す方法!

yogore-1たまった家事の片付けに集中していると、気がつけば、クレヨンで描かれた素敵な落書きが無垢の床に…。ということがあります。こちらの素敵な落書きは、次男の1年前の作品です。 発見した直後に固く絞った雑巾で拭いたのですが、少し薄くなった程度です。気合を入れて消しても、また床に落書きをするだろうし、『まぁいいや!思い出だ!』と思っていたのですが、消してみる事に! yogore-2今回、使用したものはこちら、水と、雑巾、メラミンフォームです。床は、無塗装のひのきに自分でミツロウワックスを2年前に塗っています。 yogore-3メラミンフォームを水につけ、固く絞ります。木目に沿って、汚れの落ち具合で、力を調整しらがら擦っていきます。メラミンフォームは汚れたら、水で洗って綺麗にして使っていきます。汚れがひどければ、すぐに綺麗な面に変えた方が、軽い力で汚れが落とせます。 yogore-4床の状態を確認しながら、雑巾で床面の水気を取ります。取れてきています!完全に跡形も無くまではいけませんが、落書きを消せたら、床の水気をしっかり拭き取って、半日から1日、床をしっかり乾かします。 yogore-5半日後、乾いています。擦った部分の表面が少し白くなっていますが、蜜蝋ワックスで表面をお手入すると白さはなくなります。また、使い込んでいけばどんどん馴染んでいきます。 落書きが気になる方は一度お試しください!
森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「西粟倉・森の学校」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。