• 2016.03.31

手づくりえんぴつ、カタチは人それぞれ。使う道具も人それぞれ。

hayashisan-enpitsu-2えんぴつの芯を挟むところから作る手づくりえんぴつキット、ヒトテマキット えんぴつ。 私がこのえんぴつを作るときは、机上にあるクラフトナイフかカッターで削ります。しかし、スタッフのアキラさん(56才)は、驚くことに、カンナ(写真左)とノミ(写真右)で削っていました! えんぴつの持つところはカンナで、芯のところはノミで削っていました。 アキラさんは、普段ユカハリ・フローリングのエンドマッチ加工や羽目板の加工の仕事をしていますが、たまに大工さんの仕事をしていたりもします。 そんなアキラさんにしてみれば、カンナやノミは身近な日常の道具。 hayashisan-enpitsu-1『六角形にするのちょと大変だったよ〜』というアキラさんのえんぴつは、紙やすりを使わない、カンナ仕上げの美しいえんぴつです。 使い込まれて大事にされているカンナとノミは、なんだかとっても格好良くみえて、私もそんな格好いい道具を持ちたくなりました。お気に入りの道具で、自分だけのお気に入りをたくさん作っていきたいものです。    

関連キーワード

森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「みんなの材木屋」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。