よみもの

  • 2016.12.08

【ユカハリ事例】ユカハリ・タイルの事例を実際に見れる施設@西粟倉村、美作市

yukahari-jirei1-01   「ユカハリ・タイルって使っているところを実際に見ることができる所はありませんか?」   ユカハリ・タイルを検討いただいているお客様からよくお問合せをいただきます。 今回は、西粟倉村周辺にはなりますが、実際にユカハリ・タイルを見ていただける場所をご紹介。   関西方面から、岡山方面から、鳥取へ行くのに必ず通る『西粟倉村』。 平成25年には兵庫県佐用~鳥取を結ぶ鳥取自動車道(無料区間)も整備され、日本海側へはスムーズに行き来ができるようになっています。 西粟倉村、鳥取や島根など山陰地方へお出かけになる際には休憩がてら立ち寄っていただけるとユカハリ・タイルを見ていただくことが出来ます。
まずユカハリ事例ひとつめは、美作市大原にある『武蔵の里五輪坊(ごりんぼう)男湯』@岡山県美作市。鳥取道・大原インターよりすぐ。日帰り温泉も¥300で入れます。 kkscm1

photo by 楽天トラベル

剣聖・宮本武蔵の誕生の地である大原には、剣道の全国大会が開かれる武蔵武道場があり、その脇にあるので見つけやすいですよ。男湯の脱衣室に使っていただいています。 yukahari-jirei4

↑ ユカハリ・タイル ひのき

タイルは1枚ごとに向きを変えて、市松模様でした。ひのきの明るさが目立ちますね。 yukahari-jirei5 温浴施設という湿気の多い空間なのに、無垢の膨張をどう解消しているのんだろう・・・?と思って壁ぎわを見たらちゃんと処理してありました。 ホームセンター等で売っている「すき間テープ」を上手に利用されています。テープにある1cm程度の厚みで膨張・伸縮をカバーしていました。置くだけのユカハリを1年中快適に使うには重要なポイント。 ナイスアイデアで「なるほど~。」と感心してしまいました。 yukahari-jirei6 壁ぎわにはすき間テープを。 今回はたまたま女湯⇔男湯が入れ替わっているときに「ユカハリが使われている!!」と知り、撮影したのでした。(盗撮ではありませんのでご安心ください☆)   お近くを通った際には『鳥取自動車道・大原インター』にて降りてお立ち寄りください。
続いてのユカハリ事例は、西粟倉村内にある『あわくら旬の里』。鳥取道・西粟倉インター降りてすぐです。 yukahari-jirei7

photo by にしあわくら観光ガイド

旬の里は、季節のメニューや揚げ物・煮物・焼き物など種類が豊富で、老若男女、どんな年齢でも一緒に行けるバイキングです。お客さんを案内するとき、またおなかいっぱいになりたいときはここ。

あわくら旬の里では、地域で採れる四季折々の旬の幸と、山村ならではの野趣あふれる料理をバイキングで味わって頂けます。食材は、西粟倉村や鳥取県で採れた地域にこだわった新鮮なものを使用。ヤマメやアユなど川魚を炭火焼きにしていただく事もできます。 また、1階の加工所で製造した、パンや山菜おこわ、味噌や漬物、お餅など様々な地元の一品を揃えています。   yukahari-jirei1

↑ ユカハリ・タイル すぎ (オスモクリア塗装)

使ってもらったのは2階にあるバイキング奥のキッズスペース。入口部分は框にて納めていて、置くだけで使っています。タイルは1枚ごとに向きを変えて、こちらも市松模様。   yukahari-jirei2 こちらのキッズスペースは食事スペースとは区切られていて割と静かな空間になっています。バイキングはおなかいっぱい、そしてゆっくりとしたい方にはぴったりですよ。 靴を脱いで上がれるのでリラックスできます。そして、すぎの柔らかさが気持ちいい。 yukahari-jirei3 また、壁ぎわは巾木でカット面を隠しており、キッチンには腰壁も使っています。すぎは、ずっとその空間にいたくなるような暖かみのある色が特徴です。   以上、ユカハリ・タイルの事例を実際に見れる場所いかがでしたでしょうか。 西粟倉村に来られた際には、車や電車の車窓から常緑の森林もちらっと見てみてくださいね。 ユカハリ・タイルになる木は、今日も村内のどこかの山から伐り出されています。   今回ご紹介した事例は、温泉、飲食店の一部となります。 ご利用の際にチェックしてみてくださいね。

関連キーワード

森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「みんなの材木屋」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。