春の送料無料・キャンペーン実施中!
  • 2017.02.15

雪の中に広がった幻想的な風景



冬の西粟倉村の恒例行事となった「雪あかりin大茅 」。


地域の発展を願い、降り積もった雪を活かそうと大茅地区活性化協議会のみなさんが運営しているイベントです。 今年は例年にない大雪に見舞われましたが、無事開催されました。



スノーシューでの散策や木の楽器の演奏会、歌のコンサートなど、回を重ねるごとにどんどん内容が充実していっています。 メインイベントのスカイランタンの打ち上げが終わり、まわりの灯りが消えた入江神社のイルミネーション。

雪が積もった杉の木をバックに、幻想的な風景が広がっていました。



雪の燈籠と青色のイルミネーションの景色がきれいでした。来年の開催が楽しみです。


関連キーワード

 
ツアー参加者として西粟倉村を訪れたことがきかっけで移住することに。休みの日には自然の風景を撮影しに森に入り、年に1度、滝に打たれ身を清めることが習慣になっている。仕事ではお客様の窓口として、ありとあらゆる仕事をこなす一方で、社内の仕事もこなしスタッフ全員から頼られる“よろず屋業”として、日々、元気な笑顔で対応している。