よみもの

  • 2016.04.04

【施工事例】千葉佐倉・自然素材の家(すぎの無垢床)

gh1 千葉県佐倉市を中心に、自然素材にこだわった注文戸建住宅やリフォームに取り組まれているグランディアホームさま。そのモデルハウスに、ユカハリ・フローリングを使っていただきました。   その完成お披露目会も開催され、グランディアホームさまのWEBでも紹介されています。 ◎ 新モデルハウス寺崎北 完成お披露目会  gh2 床全面にユカハリ・フローリング(すぎ・節あり・15mm)を施工。家全体の色味のバランスを考慮して「白身がち」のオーダーをいただきました。 グランディアホームさまの新築コンセプトである「びおハウス」の特徴は、大黒柱二本を中心として、家族の成長に合わせて間取りを変更していくことができるという点。 gh3 壁と天井には北海道産の天然珪藻土を塗っています。断熱材にはセルロースファイバーを使い、冬は暖かく、夏は涼しい省エネ住宅。 二階奥の和室には琉球畳(縁無し畳)。和の印象が強くなり過ぎない配慮がなされています。 gh5 gh4 構造材や横架材には、千葉県産の天然乾燥すぎ。天然乾燥だけあり、赤身が美しいすぎ材です。横架材まで天然乾燥すぎを使用するこだわりよう。 目に見える部位にふんだんにすぎ材があしらわれているので、非常にやわらかい印象を受けます。壁や天井の珪藻土との相性も良く、部屋全体がとても明るく感じられます。木と白を基調とした空間です。   実際にモデルハウスを訪問させていただきましたが、入るやいなや、すぎの良い薫りがたちこめて驚きました。特に、すぎ材を生かした明るいメインスペースだけではなく、浴室にもひのき材が使われていたり、和の印象が強くなり過ぎない自然素材の生かし方を細部にまで徹底した素敵なお家でした。   千葉で自然素材にこだわった家づくりやリフォームをお考えの方は、ぜひグランディアホームさまを訪ねてみてくださいね。   商  品 ユカハリ・フローリング(すぎ・節あり) *白身がち 設計施工 グランディアホーム株式会社
森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「西粟倉・森の学校」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。