よみもの

  • 2016.04.15

色んなかたちのデザートスプーンを集めてみました。

ヒトテマ商品イメージ写真-デザートスプーン2 みんなの材木屋が国産のひのきからつくっているヒトテマキット。小学校の時に確か持っていた彫刻刀と、小刀、紙やすりを使って作っていきます。 今日のマガジンでは、これまで削られてきたヒトテマキットのデザートスプーンの写真を集めてご紹介します。削ったことがある方も、これから削られる方も、じっくりとフォルムを観察してみてください。ひとつにデザートスプーンと言っても本当に色々なかたちが出来ていますよ。   DSC_0549 まず初めに、ヒトテマキットを削るときの小刀の持ち方は、刃物の前に手が出ないように、十分に注意しましょう。hitotema_hiwaヒトテマキットの作りかたは、型からぱちっと外して、削って、磨く。IMG_5501 こんな形ができたり。コーヒーを飲むときのスプーンに良いかも。 12162218_425911800936733_158998684_o こちらは柔らかいフォルムが出来ているので、触りたくなるほど。(左からデザートフォーク・デザートスプーン・バターナイフ) IMGP3261 これはまだ紙やすり前。(左からデザートスプーン・ディナースプーン・サーバースプーン)   IMG_5523 親子で作っても、違う形に。【2016.2 the BlossomsさんにてWSの様子より】 ヒトテマ商品イメージ写真-デザートスプーン1 最後は、みんなの材木屋スタッフが作った形をご紹介。ヒトテマキットは、販売いただいている店舗さん、WSの時などに完成サンプルを見たいというお声をいただきます。その時に持っていくのは、ママスタッフが作ったものです。使いやすい形を試行錯誤しながら、ひとつひとつ作っているので、形が違う中から選んで持っていくときは、そのスプーンを旅に出すようで特別な気持ちが入ります。店舗やWSで見かけた時にはよく観察してあげてくださいね。   FireShot-Capture-69---Pinterest(ピンタレスト)−-世界中のアイデア宝庫_---https___jp WEB上にはたくさんのカトラリーの「かたち」があるので、ぜひ好きな形を探してみてください。ピンタレストで「木製」「カトラリー」を検索したら、こんなにたくさんのかたち!ヒトテマキットでできない形もありますが・・・。 FireShot-Capture-70---#ヒトテマキット-•-Instagram写真と動画_---https___www.instagram インスタグラムで「#ヒトテマキット」を検索すると、ヒトテマキットを削ってくれた方の投稿が集まってきます。皆さんもぜひ、ヒトテマかける暮らしを楽しんでみてくださいね~。

関連キーワード

森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「西粟倉・森の学校」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。