よみもの

  • 2016.01.26

ヒトテマかける暮らし。カレーライス編。

    12573670_896283517116884_7543587168044468730_n 皆さまこんにちは。寒波が過ぎて、まだ寒い日が続きますね。 雪が積もった寒い日には、温かいもので体を温めましょう。雪の降った20日、ヒトテマキット木べらを使って、お昼にカレーライスの準備です。 この木べらは、作り方動画@youtubeのために作ったもの。活躍できるのをいまか、いまかと待っていました。   IMG_5947 事務所からの景色。 奥に見える山、針葉樹のところは葉っぱが落ちないので冬でも緑です。 地面が見えているのは広葉樹のところ。秋には赤や黄色が美しいところ。   IMG_5941_1 さて、今回のカレーは事務所を暖める唯一の暖房、薪ストーブで煮込みます。 最近は、暖房としての機能だけではなく、加熱調理に大活躍です。熱をうまく2次利用できることは何だかとても楽しいです。 木べらの使いやすさも見ながらの調理です。「もう少し削った方が使いやすいかなあ。。。」 IMG_5957 村内で育ったコシヒカリを1升(なんと今日のお昼は11人!)炊いて、カレーライスが完成しました。 もちろんひと手間かけて作ったスプーン(ヒトテマキット サーバースプーン)でいただきます。 こうやって、自分が作ったものと暮らしていると、次はこうした方がいいな~とか、あれも手作りしてみようと思う気持ちが芽生えてくる気がします。 なかなか時間はとれませんが、自分でアレンジできる領域を持つことは、とても気持ちを豊かにしてくれます。うまくできなくてもGOOD!出来たものひとつひとつにストーリーがあって、それを笑いあえたらそれでいい気がします。   みんなの材木屋のヒトテマキット。ひと手間かける時間の豊かさをお届けしました。  

関連キーワード

森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「西粟倉・森の学校」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。