よみもの

  • 2016.05.27

今日から看板屋!?~友井渉の青春(インターンレポート3)~

  今日でインターンシップ15日目の友井です。インターンシップも残りわずかとなりました。今週は机や看板を作るなどモノづくりが多かった一週間でした。 特に印象に残っているのが看板作りです。今回作った看板は本日5/27から嬬恋にて行われる「CHUMSキャンプ」というキャンプイベントで使われる看板です。 看板づくりの作業工程は、レーザー加工機に板を入れあらかじめ、入力したデータで文字を作ります。できた板の文字の部分だけにボンドを塗り看板に貼り付けます。そのときに板の部分だけ上にあげます。そうすると文字の部分だけくりぬけて文字だけが残って完成。IMG_6952 それでは作った看板はこちら。 13321015_135873326822729_318208078_o これは株式会社ASOVさんの看板を作りました。株式会社ASOVさんはアウトドアスポーツを中心としたプロモーションを行っている会社です。 看板をスプレーで白く塗るのはどうしてもムラが出てしまいますが目立たなくなるくらいまで塗るのが大変でした。 白いバックに目立つASOVさんの赤いロゴがインパクトのある力強い看板です。 13321093_135873340156061_341179542_o これはviblantさんの看板です。viblantさんはアウトドア用品を扱う会社です。この複雑な形を全体のバランスを考えながらミスしないようにビクビクしながら張り付けるのに大変苦労しました。 仕上がりをみたら赤色のバックから、若干見える木目。そして白いロゴのバランスがかっこいい!!!     最後にみんなの材木屋です。 これはもうご覧いただいてわかるようにシンプルですね。 「Simple is the best」 工夫した点はあえて着色をせず木目を前面に出し、材木屋らしさをだしました。   看板を作っていると「何してるの?」と次々に社員の方が集まり、「私も手伝うよ」と助けてくれました。そのときみんなで一丸となって看板を作る姿を見て、「うわぁ、青春してるわ」と文化祭の準備のようで17才の秋が目に浮かびました。   なんとこの看板の文字に使われているのは、フローリングやユカハリタイルから出た端材で作られています。 僕が知っている製材工場では建築用材を作って出た端材はチップにしてチップ工場に搬出されます。しかしみんなの材木屋では端材をレーザーで加工して文字を作り、張り付けて看板をつくることにより丸太一本の価値をあげる。燃やしたり、砕かれてチップにされるだけの端材を有効活用し看板を作ることに感銘を受けました。 これからは自分で文字をはり看板を作れるといったDIY看板、さらには注文をもらってこちらで作る看板ビジネスができると思います。  

関連キーワード

森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「西粟倉・森の学校」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。

関連記事