よみもの

  • 2016.07.20

おたまじゃくしがカエルになりました

    梅雨が明けて、サンサン降り注ぐ日差しを受けて稲が育っています。5月ごろ田んぼではおたまじゃくしが大量発生、それもいろんな大きさのおたまじゃくし。そのおたまじゃくしに足がはえ、手がはえて最近では全部カエルになったようです。田んぼ近くの溝や、会社にも水たまりにもぴょこぴょこ。otamajyakushi_kaeru1 西粟倉村へ来てわかったこと。カエルにもいろんな顔があって、観察してみると「あ、これイケメンだな。」とか「こいつはすっとぼけ顔だ。」とか見ていて飽きません。何だか、子どもの頃の感覚を思い出します。捕まえてもぼーっとしているカエルは「この子はマイペースだ。」とか、カエル社会のなかでも色々あるのだろうと勝手に想像してしまいます。otamajyakushi_kaeru2 写真を撮っても、逃げるに逃げられないのか、じっとしているカエル、別アングルで今日のマガジンでした。

関連キーワード

 
大学で建築を学んでいたとき、森と暮らしが交わり資源循環型の地域づくりを実践するオーストリアの事例に胸を打たれる。2級建築士資格を取得後、美しい森からはじまり、豊かな海や都市は形成される、と一直線に川の上流を目指し西粟倉村へ移住。商品企画・設計、広報、撮影モデル、DIYと、来るものは何でも拒まない前向きな姿勢が売り。“ワクワクを仕事にする”ことを目標に日々修行中。