よみもの

  • 2016.09.06

天然の節にひとつひとつ向き合って、ユカハリ・タイルは節処理をしています。

yukahari-tile-hushi1 木にある節って、「自然のものだから面白いよね」「何か目みたいで嫌いです」など、いろいろな意見が聞こえてきます。間伐材を中心に商品づくりをしていると、必ず出てくる「節(ふし)」。サンプルセットを取り寄せても、節の一部は見ていただけても、色々な節を見ていただくことは出来ないのが現状です。今回は、ユカハリ・タイル(すぎ/ひのき)の節に近寄って、どんな節があるか写真でお届けしたいと思います。今日のマガジンは節、ふし、フシだらけ・・・。   まずは、杉(すぎ)の節から。すぎのタイルを敷き詰めると、こんな空間に。今回はオスモクリア塗装のユカハリ・タイルで、すぎの節は赤茶っぽい色が多いのが特徴です。 yukahari-tile-hushi2 節は、木がまだ立っているときに枝(えだ)があった場所に出てきます。丸太を板にして、たまたまそこに出てきた節。割れているものや、えぐれてしまうものも。みんなの材木屋ではユカハリ・タイルにするために、その節をひとつひとつ手作業で埋めています。大きく抜けているものや、虫食いの部分は除いています。 yukahari-tile-hushi3 節の割れた部分は、このようにパテというもので埋めています。yukahari-tile-hushi4 節でえぐれた部分はこんな感じ。こちらもパテを入れて、最後に滑らかに削っているので、段差はありません。全ての板にこういった処理のあと、女性スタッフの手でひっかかりが無いか確認します。「ストッキングで歩いても引っかからないか」がユカハリ・タイルの基準です。
続いては、桧(ひのき)の節。ユカハリ・タイルひのきを敷き詰めるとこんな空間。こちらは無塗装で、素足が気持ちよさそう。ひのきの節は赤っぽい色が多いです。 yukahari-tile-hushi5 すぎと同じで、節は円の中心が割れます。割れた部分はパテで埋めています。 yukahari-tile-hushi6 こちらもひのきの節の色に合わせたパテを入れています。 yukahari-tile-hushi7 節によっては埋め木(木の枝から作られている節穴を埋めるもの)で埋める場合もあります。 yukahari-tile-hushi9   自然由来の節の数や大きさは、タイルによってそれぞれ違う ちなみに節の数や大きさは、板によってそれぞれなので、ユカハリ・タイルにも数が多いもの少ないものがあったり、大きい節があったり無かったりまちまちです。1枚だけを見ると「この節、気になるなあ」「あんまり好きじゃないかも」と感じるものがあるかもしれませんが、枚数を並べて空間で見ると気にならないこともあります。初めははっきりとした白色の白太(しらた)も、使っていくうちに、日焼けなどで飴色に近づいて節の色と近くなっていきますよ。   皆さまのところに届く節は、どんなものが届くかはお楽しみ!?ユカハリ・タイルは女性スタッフばかりの製造ラインから、毎日節により近く、お届けするときに節の状態が気にならないよう、ひとつひとつ作られています。

関連キーワード

森と暮らしを繋ぐために自然豊かな西粟倉村から木の商品をお届けするウェブサイト「西粟倉・森の学校」の、普段は知られることのない「森から暮らしへ木が届くまで」の物語を、現場から伐りたてほやほやでお届けする編集部です。編集部は人口約1500人の小さな村にあります。